こんにちは、sugisan(スギサン)です。

今日は、アルピニスト:栗城史多(くりき のぶかず)氏

32歳の講演に行ってまいりました。

場所は千葉房総にある君津市民会館というところです。

久々に習志野からローカル線で景色を見ながら片道約1時間半。

 

講演の内容は自分の過去の登山経験とダブらせ聞いて

おりました。彼を知る方も多くおられると思います。

TVでもドキュメンタリー番組で何度か放映されております。

 

彼の経歴を簡単に書きます。

大学3年の時に単独で北米最高峰マッキンリー(6194m)

登頂成功、非常に難しい条件の山でも有名なやまです。

その後6大陸最高峰に単独登頂、その次に待っていたのは

エベレスト生中継登山「冒険の共有に向けた配信を始め」

2009年にはダウラギリ(8176m)からインターネット生中継

と登頂に成功。

世界で初めてインターネット生中継登山を行った人物で、

過去エベレスト無酸素単独登頂もインターネット中継を

4回もやってのけましたが天候のかべに阻まれました。

そして2012年のエベレストにアタックしてい時に受けた

強烈な暴風(立っていられない)により両手の指を凍傷で

9本失いました。

それでも彼は現在もリハビリしながら挑戦を続ける決意です。

今までに誰も成し遂げたことのないインターネット中継に

こだわりながら夢にむかいエベレストに

今年の9月にまた挑戦する計画をたてています。

 

確かに、最後のほうで彼と実際握手しましたが、不自由を

みじんも感じさせませんでした。笑顔で優しい人物でした。

彼には生きる意味の人生哲学と愛があるということを知りました。

 

夢をあきらめないことのすばらしさを多くの人々と道は違

えど共有したいという目標がありました。

久々にやる気の出る刺激と感動を頂きました。

 

今回なぜ、栗城氏のことをご紹介したかというとエベレストでも

インターネットが出来るということは、ネットビジネスは極限の

世界でも通用するということです。

ただし、一人では不可能なのです。

 

アフィリエイトも一人ではなく仲間、グループの存在が継続

には必要なのではと思っております。

 

感動を分かち合うことができれば無償の感動を大きくする

ことに繋がるのではないでしょうか。

 

アフィリエイトという頂におられる大先輩方をめざしたいですね。

 

最後に次元の違うことになりますが、最近特に気になるのが今の

地球全体の世界でおこっていること、そして未来も、インターネット

は平和に利用し、発展することを望んでやみません。